☆犬・猫・の部屋☆

犬・猫・演歌が大好きなオバチャンの独り言…
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 飼い主の場合・・・ | main | ありがとうございます♪ >>

華の場合・・・(副腎皮質機能亢進症)
JUGEMテーマ:ペット
 



この度 東北関東大地震により被災されました方々に、心からお見舞い申し上げます。

まだまだ余震、原発問題、避難所生活をされている方々の支援の問題と、沢山ありますが、一日も早い復興を願っています。。。



宮城のさっちゃん、ご無事で安心しました

ど根性白タンポポも咲いてきましたよ。



早くバスで買い物に行けるといいね。



飼い主は、日によって気分が良かったり、悪かったりと相変わらずの生活をしています。



ここからは <覚書>



1/27(体重6.6キロ) 

皮膚の状態が良くない為、病院へ

その時、心臓の雑音が聞こえると、その日からお薬が始まりました。

特別 咳もなく元気はあったけど、徐々に悪くなっていたのか?

皮膚の薬を貰い、尿検査のキットをもらって帰る。



華はオシッコの回数が少なく、一度に大量する。

なかなかタイミングが合わずとれない。。。

チャンス!と思ってもシートにくっ付けてするので、ダメだこりゃ〜と諦める。



2/10(体重6.5キロ)

心臓のお薬を貰い、血液検査をしてもらう事に、、、

その結果が[副腎皮質機能亢進症]別名クッシング症候群と診断された。

お腹ポッコリも、皮膚が弱く毛が抜けるのも、これが原因。

ただ太っていたんじゃなかったんだ。



肝臓、腫瘍の値が悪い。。。

腫瘍がお腹や頭に出来て放置すれば2〜3年の命?

頭に出来ると痙攣を起こして亡くなる場合もあるみたい。

糖尿病を併発しやすいので気をつけなくてはいけない。



この日からプラスして、肝臓のお薬を・・・

クッシング症候群のお薬は副作用が強く、病院でも途中止めた患者さんが多いようなので、数値の悪い肝臓のお薬をお願いしました。



3/3(体重6.4キロ)

少し数値が下がってきました。

それと並行して、体重も少しずつ減って、なによりお腹ポッコリが少しスッキリしてきました。



この病気は外科的手術は行わず、内服薬治療だそうです。

高齢犬に多いし、手術は無理かな。。。



3/24(体重6.3キロ)

肝臓の値はだいぶん良くなりました。腫瘍の値はまだ・・・



小春、友情出演



華、固まってます(笑)



食欲は相変わらずあるし、元気もあるので大丈夫!

お薬頑張って飲もうね。って・・・お薬も大好きです(・。・)

そして、、、昨日の事、

トリミングから連れて来てもらったら、

「申し訳ございません!うちの若いトリマーが、華ちゃんの舌を切ってしましました!応急処置をして血は止まりましたけど、何か食べたらまた出血するかも。。。」

ん〜〜〜?

舌を切った???

スキバサミで切ったそうですが、舌をつまみ出すわけにもいかず、様子見してご飯をあげたらペロッと完食されました〜

その後も出血なし!

ここのお店の先生の実家は動物病院です。

何かあったらすぐ診てもらえるので良かった。のか?

とんだ災難の華ちゃんでした〜(父さんはカンカンに怒っていました)



以上!

華は写真嫌いの為、リボンで出演でした。

最後まで見て下さってありがとうございます<m(__)m>
犬・猫 | - | -
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
OTHERS


SPONSORED LINKS